ミャンマーよもやま情報局

関西福祉大学 勝田吉彰研究室。科研費研究でミャンマーに通っています。学会発表や論文には入らないやわらかいネタをこちらで発信しています。取材や照会など連絡先はこちらへ myanmar@zaz.att.ne.jp

follow us in feedly

ミャンマー人が赤い液体を吐き出すあの光景が消滅するかもしれない(NLD政権がふるう大なた)

ミャンマーの食事情(食材・グルメ) アウンサンスーチー氏とNLD

ミャンマーの街を歩いていると、いきなり赤い液体をピッと吐き出す人を再々見かけます。そして、歩道の端はたいてい、この「吐き出された赤い液体」がこびりついて染みのようになっています。噛みたばこです。ビンロウの実+αをくちゃくちゃ咬んでピッと吐く。街角や環状線の車内で葉っぱに何か塗ってクルッと巻いて売っているのがこの噛みたばこです。この国民的習慣にNLD政権が大なたをふるう方針

f:id:tabibito12:20160529165842j:plain

ミャンマー庶民のあいだで定着したこの習慣、NLD政権が大ナタをふるおうとしています。まず手始めに病院・役所・学校の近所での噛みたばこ禁止! これら公共の建物が、その近所が、足元を噛みたばこを吐いたあとの、ビンロウの色が染みついている状況をまずは改善しようとの意志です。それぞれの”近所”という表現で、半径何メートル以内とかの数字は”まだ”発表されていないとは地元紙の記事です。つまり、公共場所の建物内禁煙とは違い、もっとずっと広い範囲で禁止をかけようという意向で、たとえばヤンゴン中心市街地など大部分が禁煙区域になりそうです。

この施策へのモチベーションになっているのは単に「赤い液を吐き出されるのが汚らしいから」だけではありません。さらに、発がん性の問題、口腔癌・舌癌・喉頭癌のリスクの問題があり、こちらに対する啓発もおこなう構え。つまり、公共場所とその周辺の禁止は第一段階であって、今後、第二第三段階と廃止に持ってゆきたいのだろうなあと推測されます。

 

 ただ禁止してしまえば、このように噛みたばこを1回分づつ売るという零細な商売をしている人々の生計の糧を取り上げることになってしまうので、それに代わる生計の糧をこれから検討するとも発表されています。

 生産者に対する代替作物の提供まで含めていろいろ多方面からのアプローチが必要になってくる施策ですが、NLD政権の、アウンサンスーチー氏の指導だからといって、依存性のあるものに対して(ヘロインのような法的根拠なしに)どこまで成果があげられるのか、試金石として成り行きをウォッチしてゆきたいと思います。NLD政権の方針がなかなか出てこない中、いきなりこれが飛び出してくるというのは、政権内における保健省の力関係がかなり強いのかなあとも分析。

 

f:id:tabibito12:20160529171141j:plain

ところで、私はこれを口に入れたことが無いのですが、どなたか、自分自身愛用していて、街に出たらいつもおっちゃんから買ってるよ!という日本人の方いらっしゃいましたら、コメント欄にいただけたら幸いです。どんな味がするのか、気持ちよくなるのか、そもそもあれを口に入れてお腹をこわさないのか・・・

 

ソースはイラワジ紙

Betel Nut Sales to Be Curbed

写真は管理人撮影:記事とは直接の関係ありません

 

おそるべしシュエダゴンパヤーの実力。奇跡の優勝レスターチームが揃ってわざわざシュエダゴンへ

ミャンマーの仏像 ミャンマー人人間模様 ミャンマーの観光

シュエダゴンパヤーの賓客。プレミアリーグ奇跡の優勝をかざったレスターのユニフォーム。さらにお坊さんの服装にも注目。一体なにが起こってるのかな?

奇跡の優勝をおさめたレスターチームが勢ぞろいしてシュエダゴンパヤーで一生懸命祈っています。あきらかに仏教徒ではなさそうなチームメイトたちも、あさっての方向によそ見しつつも文句言わずお付き合い。

お坊さんたちの衣裳にも注目。このオレンジ色の僧衣はミャンマーではなくタイのものです。タイのお坊さん。なんでタイのお坊さんが祈って、異教徒のチームメートもよそ見しつつも付き合って、シュエダゴンパヤーにいるのか・・・

レスターのオーナー、経営難に陥っていたところをタイ人実業家 ヴィチャイ・スリヴァッダナプラ氏に救済され、その現オーナーがおかかえのタイのお坊さんたちも引き連れ、わざわざ参拝のためにヤンゴンにやってきたものです。

f:id:tabibito12:20160522231903p:plain

ヤンゴン空港のショット

f:id:tabibito12:20160522231934p:plain

それにしても、チーム揃ってタイのお坊さん引き連れて向かった先が、タイじゃなくてシュエダゴンパヤーってところが驚きです。上座部仏教界におけるシュエダゴンの地位、おそるべし!

ソースはVoice

https://www.facebook.com/thevoiceweekly/photos/ms.c.eJw9y8EJADEMA8GOgiWfEqv~;xgI~_4u~_wCygtxgaNg1pogLMhMYBjVdoD~;OEtjK8XxoC6KF0VCRSL.bps.a.1153951867958404.1073743144.158797964140471/1153951931291731/?type=3&theater

日本人テイストの素敵なロンジー屋さん@ボージョーアウンサンマーケット

ミャンマーの日本人 ミャンマーのおすすめサイト ミャンマー生活の知恵

ボージョーアウンサンマーケットの素敵なロンジー屋さん。ヤンゴン在住の日本人にはすでに有名店なのですが、行ってきました。評判どおりのお店。

f:id:tabibito12:20160213223151j:plain

本職は公認会計士の店主がミャンマー人スタッフとともに切り盛りしているそのお店は、マーケットの表入口から3分もあれば行けますが、少しややこしいので、KGYさんのブログを参照して行ってください。地理案内はこれにまさるものありません。

melt-myself.com

 

市場で好みの布地を買って、ここに持ってこれば写真のスタッフがロンジーに仕立ててくれるというのが基本ですが、定番的な柄なら、仕立て済みの買ってすぐ着られるロンジーも1000円相当ぐらいで買えます。

 

あとお勧めなのが、シュッシュ(髪飾り)やフェアトレードのオーガニック石鹸です。

ここに来て買物したら、すぐ後ろを振り向いてください。なかなか品揃え豊富な絵画店があります。店主はちょっとシャイで、私が買った絵をもって写真撮らせてくださいと言うと、写真のとおり(笑)。横からまわりこんで撮ろうとしても完全防備。

手持ちの絵は5000チャット。一回り大きいサイズで9000チャットです。

 

f:id:tabibito12:20160213224231j:plain

f:id:tabibito12:20160213231356p:plain

百聞は一見にしかず。ボージョーアウンサンマーケットに行ったらぜひ一度!

この看板が目印

f:id:tabibito12:20160409140617p:plain

 

ミャンマー新政権、プレス対応が頭ひとつ抜きんでてきたのはミンアウンフライン将軍

ミャンマーのマスコミ ミャンマー軍および警察 ミャンマーの要人たち

アウンサンスーチー顧問もティンチョー大統領も、施政方針をなかなかマスコミにコミュニケーションしないなか、意外や意外にも、プレスときちんと向き合うのはミャンマー軍トップのミンアウンフライン将軍でした・・・という展開。会見を何時間も延長して会見後茶話会まで開催。民主政権と協調してゆくと表明、そして自身の引退説を否定。

 2016年5月13日にネピトーで実施されたミンアウンフライン将軍の記者会見。これからの方針、民主政権と協調してやってゆくと表明しています。

また同氏は今年60歳の還暦を迎えることから、引退説がささやかれていましたが(注:ミャンマーでは60歳定年が通常で私の知人の教授たちもほぼ例外なく60歳で大学を辞している。したがってこの噂はまったく突飛でも何でもない)、これを明快に否定して続投を表明しました。おそらく2020年頃までやるだろうとも。

irrawady紙スクリーンショット

f:id:tabibito12:20160517141120p:plain

 

出席したイラワジ紙記者によれば、予定時間を何時間も延長し、なんでも答え、会見の後はティーパーティーで談笑、冗談も出ていたと、軍事政権のイメージが吹っ飛んだ状況だったとか。(日本の防衛省記者クラブよりフランク?)こういう形での記者会見自体、まだアウンサンスーチー氏もティンチョー大統領も実施しておらず、メディアコミュニケーションは一歩先行した形。

さらに、将来の憲法改正の可能性まで言及し(当然反対だろうと思っていた)記者たちを驚かせたりしています。

写真:ミンアウンフライン将軍FBから

f:id:tabibito12:20160517215642p:plain

 

昨今の、アウンサンスーチー氏とミンアウンフライン将軍との心地良い関係の背景には利害関係の一致がるとはイラワジ紙の解説。

将軍側からは、アウンサンスーチー氏が米国の経済制裁解除へのキーを握っていること。軍系企業や個人で米国の制裁対象に残っている部分の解除、また、米軍との協力などでアウンサンスーチー氏の協力はぜひともほしいところ。

アウンサンスーチー氏側からは、もともとミャンマー軍は父親アウンサン将軍が創設した「お父ちゃんの軍」という経緯、父親が少数民族との和解をめざして召集したパンロン会議の現代版、少数民族との和平を実現するにあたり軍の協力が必要。。。

ただし、この蜜月関係が問題点をもたらす可能性も秘めている。この2大ポリティカルパワーの蜜月が続けば、少数民族の反発を招いてくるかもしれないとも指摘されています。

アウンサンスーチー氏とミンアウンフライン将軍はうまく利害の一致する面があり、そこでアジア的あいまいさで折り合いをつけながら(アラブの春などとは全く違う展開で)それなりにうまく二人三脚が成立してゆきそうです。やっぱアジア人は賢いなあ。

 ソースはイラワジ紙

Army To Rebrand Itself As New Political Reality Sets In

ミンアウンフライン将軍フェイスブック

Excerpts from the meeting with local... - Senior General Min Aung Hlaing | Facebook

 

もともとミンアウンフライン将軍は、(それまでの軍事政権の先輩方と趣を異にして)海外メディアと積極的に会って来た経緯があります。そしてそれを自らのフェイスブックにバンバンとアップしてしまうのも外野には面白いところ。

我らが朝日新聞の支局長もこの通り!

f:id:tabibito12:20160517214345p:plain

前政権時の朝日のインタビューは(朝日新聞紙面じゃなくてミンアウンフライン将軍フェイスブックの方で)Q&A全文が公表されてしまいました。以下全文

Senior General Min Aung Hlaing

 

www.myanmarinfo.jp

 

ミャンマー人のこころをくすぐるお土産の定番、ミハマクロス(道順案内つき)

ミャンマー人が喜ぶお土産 ミャンマービジネスのヒント

ミャンマー人にうけるお土産の定番、ミハマクロスミャンマー人は毎日20人以上来店、青い目も、ムスリムも集まる人気店の紹介。

当サイトでも1年以上前に紹介しましたのが、そのPVが目立っています。1年以上経っても、ほぼ毎日、複数回のアクセスが確認される人気記事になっています(byはてなカウンター)。カテゴリー別アクセス数では「ミャンマー人が喜ぶお土産」カテゴリーが他を圧倒しています。これからミャンマービジネスに赴くみなさまが切実に情報を求めて検索しておられるのがひしひしと伝わってきます。

そこで、今回ミハマクラスに買い出しに行くにあたって、御主人に話を聞き、また、道順写真を撮ってくる、ちょっと取材モードも付け加えて紹介です。

 

ご主人。とっても気さくな方です。ミャンマー語が話せるわけでもなく英語も話してないけれど、鮮やかに外国人客をさばいてゆきます。当サイトの案内(神戸新聞取材記事コピー)もレジのところに置いていただけました。感謝)。

(もちろん本人了解をえて撮影)

f:id:tabibito12:20160510092810j:plain

お店の外観です。ミャンマー国旗をあしらった看板も大きな縦看板もテントのLongyiの文字も割と最近登場。何もなかった以前とは異なり、少なくとも店の前を通り過ぎてしまうことはもうありません。

f:id:tabibito12:20160510092938j:plain

店内です(ご主人の許可を得て常識範囲内で撮影)。所せましと商品が積まれていますが、そのそれぞれがロンジーサイズにパッキングされて値段が明示されているのが人気の秘密でしょう。値段によって、どれぐらいのランキングなのか明白。1000円未満から3000円ぐらいまで、お土産を持ってゆく相手のランキングに応じて選べるのもポイント。

f:id:tabibito12:20160510125433j:plain

顧客層は、訪問時は100%外国人。
青い目(オーストラリア)家族連れ、ベールをかぶったマレーシア人。
ミャンマー人は毎日20人ぐらい来店。「20人ぐらい来るからちょっと待ってりゃ会えるよ」とのこと。

ミャンマー人コミュニティはひっきりなしに来店するけれど、決してミャンマー人だけのお店ではなくて多彩な国籍の人々が口コミで集まり、1000円2000円の堅実な買い物をしているのが見たままの光景。つまり、中国系の方々による万単位の”爆買い”はあまり見かけず、リピーター常連さん相手に堅実な商売をされているようです。(センイ卸と看板にありますから、爆買いの対応も可能と思いますが)

 

【道案内】

日暮里駅下車。改札を出て右側へ。

f:id:tabibito12:20160510093124j:plain

駅前広場。駅前交番を背にして、羽二重餅屋さんの通りに入って直進します。

f:id:tabibito12:20160510093340j:plain

大通りを横断して「にっぽりせんい街」のオブジェ(実はライトが埋め込まれた街灯)が見えたら正解。さらに前進

f:id:tabibito12:20160510122153j:plain

この風景が見えたら間もなく道の左側にミャンマー国旗の看板が見えてきます。

f:id:tabibito12:20160510122519j:plain

f:id:tabibito12:20160510123247p:plain

 

【データ】個人経営ですので開店をTEL確認してから行くと良いと思います。

住所: 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6丁目447
営業時間:
火曜日 10時00分~17時00分
水曜日 10時00分~17時00分
木曜日 10時00分~17時00分
金曜日 10時00分~17時00分
土曜日 10時00分~17時00分
日曜日 定休日
月曜日 10時00分~17時00分

 

【注意】
店内には撮影禁止の紙が貼ってあります。その趣旨は「布地柄には著作権があるから(真似されないよう)」と書いてあります。一方、ご主人に店内撮影の許可求めると、どうぞどうぞ、どこでもと、ものすごく気さくなお返事。ですので、”購入していない棚の商品の接写”は、こちらで常識はたらかせて自粛する必要があるかと思います。

こちらではラベルだけお目にかけます(まあ、それでも見たい人はgoogleで「ミハマクロス」検索してみればいっぱい出てきます。あんなにいっぱい画像アップされてしまったのでさすがに貼り紙したのだろうなあ)

f:id:tabibito12:20160510144556j:plain

 

こちらもご参照ください。

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

アウンサンスーチー氏が日本に複雑なまなざしを向ける歴史的経緯のコンパクトな解説(イラワジ)

アウンサンスーチー氏とNLD ミャンマーの要人たち ミャンマーの政治 ミャンマー人が話題にしてること

アウンサンスーチー氏が日本に複雑な感情を抱いているらしいというのはヤンゴン邦人社会の巷で耳にするところではありますが、その経緯を総合的かつコンパクトに解説する良記事がイラワジ紙に載っています。かいつまんで紹介

2016年5月6日付イラワジ誌。東京ラブストーリーかバトルロワイヤルか?と洒落た見出しの注目記事。要旨は

  1. 岸田外務大臣とアウンサンスーチー氏のスマイルと握手は国営メディアの一面をデカデカと飾った。しかしこの笑顔と握手の水面下には不和の歴史も隠れている。
  2. 民政移管とともに日本はティラワSEZ開発や日本財団から和平プロセスへの支援がおこなわれているが、かつて軍政時代にアウンサンスーチー氏はこのような日本の援助に反対をとなえていた。軍事政権を利するからという理由で。しかし(もっと親密だった)中国と同様に、東京に対しても(スーチー氏の反対は)抑止にならなかった。
  3. 昨年の総選挙でNLDが地滑り的勝利をおさめて、日本のビジネスマンは困惑した。安倍政権はアウンサンスーチー氏と緊密な関係を築いてこなかったが、総選挙から3週間と経たないうちにNLDの大物を日本に招待した。そして11月27日にはニャンウイン氏が東京で岸田外相と会談してさらなる投資と技術支援を要請した。
  4. 今週岸田外相ミャンマー訪問でアウンサンスーチー氏と1時間以上にわたって会談し(注:日本の報道では当初30分予定だったが45分に延長と書いてある)、援助・ビジネス・少数民族との和平プロセスなどについて話し合った。引き続いてティンチョー大統領と会談したがこちらは15分しか費やさなかった。
  5. 1985-86年にアウンサンスーチー氏は京都大学で学び友人をつくったが、彼らはいずれもビジネス界の人間ではなかった。2013年にアウンサンスーチー氏が再訪したとき、安倍首相と会っている。
  6. 1940年代前半に父親のアウンサン将軍は日本軍の支援を受け、オモダモンジという日本名をもらっている。彼らと同士、30人の志士たちは当時植民支配していた英国と戦うために日本軍から武器や資金の支援を受けていた。しかしその後寝返っている。
  7. 1960年代になって30人の志士のひとりネ・ウィン氏は東京との関係強化を模索した。彼が政権をとった26年間のあいだ、日本から資金と借款を引き出している。当時は日本もビルマが経済的に高いポテンシャルをもつと考えていた。
  8. しかし1980年代後半からの混乱でアウンサンスーチー氏は自宅軟禁となった。1995年に軟禁が解けたとき、日本の毎日新聞は「スーチーからの手紙」という記事を掲載した。その中でアウンサンスーチー氏は日本の対ビルマ支援に対する反対を隠そうとしなかった。
  9. 興味深いことに、日本は、アウンサンスーチー氏の解放を一番最初に知った国だった。そしてただちにODAを再開した。つまりアウンサンスーチーを解放することがODA再開の交換条件だった。だが、それにもかかわらずアウンサンスーチー氏は援助再開に反対した。FarEasternEconomicReviewのインタビューで、たとえ自分の解放に対する報酬だとしても、自分は政治犯のひとりであり、他にもまだ収監されている人々がいる。ただひとりの解放は、援助を再開する条件として十分ではないと。
  10. それまでの援助とは別に、日本政府は黄金の三角地帯での麻薬(ケシ)栽培の対策としてソバ栽培技術を伝えて代替作物とする資金提供もおこなった。
  11. こうした日本の支援にアウンサンスーチー氏はイライラを募らせた。解放後間もない1996年には毎日新聞に寄稿して日本企業、ビジネス界にネガティブな感情を書き綴った。
  12. 1996年にはアウンサンスーチー氏は日本大使館を通じて橋本龍太郎首相に書簡をおくり、ODA大綱にそってその経済力をミャンマー民主化に向けてほしいと書いたが返事はなかった。その当時、軍政に近いビジネスマンや政府関係者から、アウンサンスーチー氏に批判的な論評が発表された。当時の実力者の中に、アウンサンスーチー氏がビジネスや援助の障害になると感じている者がいたのは明らかだった。
  13. しかし今やアウンサンスーチー氏が権力を握った。ミャンマーを訪れた岸田外相は、ミャンマーの雇用創出と、農業・教育・財政・医療・インフラ分野での協力を表明した。アウンサンスーチー氏は外務大臣の役割として「日本国民からの支援と親切に感謝する」と述べた。外相を通じて安倍首相は私信をおくり日本に招待した。
  14. ネピトーで新たな政権に求愛行動をおこなっているのは日本だけではない。総選挙の数か月前、アウンサンスーチー氏は北京にいた。それはおおきな外交的転換点であった。というのも、まだその当時、政権の敵方であったアウンサンスーチー氏に招待状をおくったのは中国側だったからだ。次の政権として賭けたのだった。彼らにとての関心は「スーチー氏は中国のビジネスを守ってくれるのだろうか」だった。
  15. NLDが政権をとってまもなく、王外相アウンサンスーチー氏の招待でミャンマーをおとずれで周囲を驚かせた。そして習氏は王外相を通じて、再度の北京訪問を招待した。
  16. まだ外務省は意向を明らかにしていないが、彼女が中国と日本とどちらを先に訪問するのかに注目が集まっている。

と、全体がうまく網羅されています。
日本のメディアが報じないこともてんこ盛りで一部太文字アンダーラインしています。外相の電撃訪問が実はアウンサンスーチー氏の招待だったこと、軟禁解除は真っ先に日本政府に報告されそれを合図に援助が再開されたことなどなど。

そしてまた、アウンサンスーチー氏のしたたかさも浮かび上がっています。中国と日本とどちらに最初に訪問するのか注目を集めておきながら、実は、最初の外遊はラオスだったとか。。。

今後、この方の顔色をみながら日本も中国も一喜一憂の日々となるのでしょう。

全文はこちらから

Suu Kyi and Japan: Tokyo Love Story or Battle Royale?



f:id:tabibito12:20160508132530p:plain

日本メディアが報じない、岸田外務大臣とミンアウンフライン将軍会談

ミャンマー軍および警察 ミャンマーの要人たち ミャンマーの政治

岸田外務大臣ミャンマー訪問、アウンサンスーチー氏との会談にしかスペースを割り当ててくれない日本メディアの編集部ですが、そこで報じられないことの補足。実はティンチョー大統領にも会っていたことはイラワジ紙報道から昨日紹介しましたが、ミンアウンフライン将軍とも会談していた中身をこちらで紹介。

5月3日ネピトーZeyathiri Parlourでおこなわれた、ミャンマー軍トップのミンアウンフライン将軍と岸田外相の会談。その要旨。

  • ミャンマー軍は、これまで民主化に時間がかかったことについて批判を受けてきた。しかしながらこの国に民主主義をもたらすために不断の努力をはらってきた。そして成功裏に正しく歩むために救いの手を差し伸べてきた。
  • ミャンマー独立をめざした時代以来の日本とミャンマーの友情、軍と自衛隊の絆との協力、民主主義の基礎となる平和と安定を確立するための軍の立場、和平プロセスなど説明。
  • 岸田外相からは、ミャンマーの平和的改革を称賛するとともにミンアウンフライン将軍に率いられた軍の努力に敬意を表すること、そして、日本政府は官民あげてミャンマー民主化と発展において相互の絆を涵養することに努めると表明。 さらに、日本の防衛省日本財団を通じた相互防衛協力にも努めると。(as well as strengthening the bilateral defence cooperation through the good offices of Japan Defence Ministry and Nippon Foundation)
  • 主要出席者はミンアウンフライン将軍と岸田外相のほか、Deputy Commander-in-Chief of Defence Services Commander-in-Chief (Army) Vice-Senior General Soe Win、樋口大使、木原外務副大臣、原武官。

ソースはミンアウンフライン将軍のフェイスブック。日本メディアが報じないことを再々発信してくれる、とっても貴重なサイトです。

Enhancement of Myanmar-Japan military... - Senior General Min Aung Hlaing | Facebook

以前には毎日・朝日・共同の記者をVIP待遇で謁見させた将軍ですが、今回は彼らは招かれなかった模様。友好的ムードでよろしいのですが、今回、私がおっ!と思ったのは、この一節。

as well as strengthening the bilateral defence cooperation through the good offices of Japan Defence Ministry and Nippon Foundation

笹川陽平氏と将軍の仲良しぶりは、再々将軍FBに登場する写真でも明らかなところですが、日本財団は相互軍事協力もやっているのか! とまあ、これはミャンマー側がポロリと発信してしまわない限り絶対に出てこない情報でありました。おそるべし笹川氏。。。

f:id:tabibito12:20160505142852j:plain

www.facebook.com

 

【追記】
もちろん軍事支援以外のことも色々やってる笹川財団の名誉のため、リンク貼っておきます(笹川陽平氏とアウンサンスーチー氏のツーショットあり)

すべてのミャンマーの人々とともに | 日本財団

【追記2】
日本財団から笹川汎アジア基金の研究員の募集が出ています(J-REC)
〆切は2016.5.31。こちらには「防衛関係者の交流」も明記してあります。誰でも見に来る場所には(ムダな炎上を回避するため?)軍事支援のことは書いてありませんが、限られた層だけ見に来る場所にはちゃんと明記してあるのでした。
面白そうです。ぜひぜひ。

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D116041294&ln_jor=0

魚拓です(上記サイトは公募期間終了すると削除されるので)

http://megalodon.jp/2016-0517-2222-31/https://jrecin.jst.go.jp:443/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D116041294&ln_jor=0

 

 

 

ミャンマー現地紙、アウンサンスーチーvs岸田会談は素直な(表面的?)報道ぶり。大統領会談はベタ扱い

アウンサンスーチー氏とNLD ミャンマーの政治

岸田外務大臣ミャンマー訪問。現地紙の報道ぶり。前政権にはとっても厳しかったイラワジ紙は会見内容を”批判”も”持ち上げ”もなく淡々と伝えています。最後に付け加えみたいに”大統領とも会った”と。

2016年5月3日の会談後の記者会見。岸田外相の「われわれはミャンマーの人々と日本のビジネス相互の利益となる環境をつくってゆきたい」はじめ台詞とそのまま淡々と載せ、アウンサンスーチー氏が日本のビルマに対する善意と親切に感謝する(Aung San Suu Kyi said she appreciated Japan’s goodwill and generosity toward Burma.)と。

最後の2行で、まるで”おまけ”のように「 大統領府によれば、岸田氏はティン・チョー大統領とも会って両国間の関係強化について話した(President Htin Kyaw on Tuesday to talk about developing ties between their two countries, according to the President’s Office)」.付け加えているのが、両氏の関係を(ここまで露骨に反映しなくても良いのにというぐらい)あらわしています。

新政権発足以来、右寄り左寄りがはっきりしなくなってるミャンマーメディアですが、もともと真っ赤っ赤だったイラワジ紙、前政権には徹底的に批判的でした。軍色の前政権に協力していた日本に対して、スーチー氏はあまり好意的ではないのではないかと言う人も現地ではよくお目にかかるわけですが(それを言うなら中国韓国はもっとダメでしょうと思うのですが、なぜか中国韓国と逆転できて明るい未来に・・という論にはならない)、それだけにイラワジ紙の報じ方には注目されます。とりあえず今回は色はださずに批判も礼賛もなくといったところでしょうか。

ソースは

Japan Promises Full Backing of Development Efforts in Burma

f:id:tabibito12:20160504113409p:plain

 

ミャンマー僻地の医療を支えるミャンマー軍の移動病院

ミャンマーの医療と福祉 ミャンマー軍および警察

ミャンマーの山間僻地。映画に出てくるような僻地には医療機関が十分にあろうはずもなく、ではどうするかというところでミャンマー軍の移動病院がその任をになっています。「これから市民のところへ向かうぞ!(Ready to go for our citizens)」と知人軍医フェイスブックから。

いざ市民のもとへ出発!

f:id:tabibito12:20160502135429j:plain

村人たちはこんな表情で待っています。

f:id:tabibito12:20160503163335j:plain

ところで、今回の巡回診療で初めてメンタルヘルス部門も加わりました。これまでは内科外科プライマリケアだったのに、初めて心のケアも加わったということでTV取材も。インタビュー受けているのは友人の軍医、当サイトでも再々登場しているので常連さんにはお馴染みの顔かも(笑)

f:id:tabibito12:20160503163640j:plain

スタッフは大勢、バスいっぱい同行です。30名ぐらいはいそうですね。

f:id:tabibito12:20160502135509j:plain

このきわめて立派な移動診療車ですが、鼻先のマークをよーく見るとメイド・イン・チャイナのようです。上のバス車内の写真見ても、このシートは北京の市バスと一緒ですね。こんなものをポンとプレゼントするとは、う~ん、おそるべし中国軍

f:id:tabibito12:20160503164311j:plain

ともあれ、こうして僻地の人々の医療を支えてゆくのは、新政権新時代のミャンマー軍の方向性として評価できます。

 

なんかヘンだよポカリスエット@ミャンマー

ミャンマーの食事情(食材・グルメ) ミャンマー人が話題にしてること

ミャンマー人のSNSに出回ってるポカリスエットの写真。妙なラベルが貼ってあったり、なんかヘンです。

スポーツ飲料の最老舗、大塚さんのポカリスエットミャンマーでも手に入るようになりましたが、なんとなくヘンな写真がミャンマー人のSNSに出回っています。

ラベルの一部に上から重ね貼り。ミャンマー住所の下からシンガポールの住所が出てきたり・・・

f:id:tabibito12:20160430232528j:plain

このまま冷やすとボトルが破損して中身がもれるから、開封してから冷やせとあったり(日本のポカリスエット、そんな事書いてないですよね)。

f:id:tabibito12:20160430232810j:plain

つまり、これが意味するのは、インドネシアで生産したポカリスエットシンガポールで販売しようとしたけれど、何らかの事情(売れ残ったか何か)で上からラベル貼ってミャンマーにて転売してる・・・それに気がついたミャンマー人のSNSで炎上ということなのでしょうか。大塚さん、ここ見てたら何とかした方が良いかも・・・

大塚製薬広報から説明いただきました。下記追記参照。

f:id:tabibito12:20160430233153j:plain

ブランドイメージが毀損されないことを願っています。

ソース(直接流れてきたソース。拡散されてる模様にて最初の元ソースは別人)

https://www.facebook.com/nwe.pin.5205/photos?pnref=lhc

 

【追記2016.5.2】

さすがにこの様な写真が出回っているのを知りながら放置しておくのもあれなので、少々おせっかいかとも思いましたが、大塚製薬のHPから通報して差し上げました。すると、わずか6時間後と、GW真っ只中とは思えない素早いレスがあり、謝意とともに、情報もいただきました。インドネシア工場にてシンガポール向けもミャンマー向けも製造されていて、それぞれ直接出荷されるとのことです。ミャンマーでの発売開始は2015年2月。また、ミャンマー語バージョンのポカリスエット専用FBもあるとのことで、実際に見てみるとなかなかの出来。ぜひ一度ご覧あれ。。。

https://www.facebook.com/PocariSweatMyanmar/

 

ミャンマーのミネラルウォーター、驚きの実態

ミャンマーの病気 ミャンマー生活の知恵 ミャンマーの食事情(食材・グルメ)

ミャンマーで売られているミネラルウォーター、特に20リットルの配達版の1割は基準を満たさぬモグリの業者で下痢や寄生虫のリスクも・・・という驚愕の報告。

ミャンマーではこのところ、中小の飲料水業者がにょきにょきと増えています。その製品の一部では、明らかに味がおかしく異臭がするものも。ミャンマーの食品医薬品局(Food and Drug Adminisitration, 以下FDA)は昨年12月に21ブランドを摘発。さらに昨年初めの調査では750ブランドのうち73ブランド、すなわち10にひとつは質に問題があったり認可すらされていなかったりとお寒い現状。

最近にょきにょき出てきた新興業者は、ふつうの民家で製造していて20リットル入りが日産わずか50~100本とか。ひどいのになると、屋外で製造していて近くに牛がいたとか、ビンの洗浄が不十分だかから(前の人のが残っていて)異臭がする、とか・・・

都市住民のなかには、4ブランドを取り換えようやく満足できる(異臭も異味もしない)品質に当たったと証言する者も。

イラワジ紙が新興中小業者に突撃取材して「うちは日産50本。売ってるのはご町内だけだから、なにも心配することないよ」と謎のコメントする匿名希望業者のコメントとっています。

この種の事象は、中国でも世間を騒がす大問題になったことがあります。報道で大々的に報じられたブランドのなかには、確かに、私自身が北京在勤のあいだ飲み続けていたブランド(ネスレ)も含まれていて、時すでに遅しということもありました。

ミャンマー生活ではボトルウォーター、特に20リットルの大びんには注意すべし。1割は衛生基準を満たしていない。少しでも味がおかしいと思ったら躊躇せず、すぐに他業者に取り換えるべし。最初はそのまま飲まずに加熱して使うべし。

ソースはイラワジ紙

Myanmar Health Ministry Slaps Ban on 73 Drinking Water Brands

Burma Thirsts for Bottled Water, But Quality Leaves Bad Taste

写真は管理人撮影(記事とは直接関係ありません)

f:id:tabibito12:20160430160340j:plain

google翻訳の進化(ビルマ語からミャンマー語へ)

ミャンマーで便利なグッズ

google翻訳に「ビルマ語」として登場して1年半。このほど「ミャンマー語」に表記が変わりました。

おそらくは、アウンサンスーチー氏の外交団向け所信表明説明会で、国名をビルマに戻すことはなく、自身もミャンマーという国名を時々使っていると表明したことも関係しているようなタイミングです。

f:id:tabibito12:20160425225827p:plain

ミャンマー語表記以外にこの1年半の進化といえば、

ミャンマー語→英語で、少しわかりやすくなった(まだまだ満足レベルにほど遠いが)
ミャンマー語→日本語は、まだ使い物にならず

HPのURLをコピペして、HPごと訳す機能が使えるようになった(登場時にはこの機能はなく、いくらかの文章ごとコピペ、コピペを繰り返す必要があった)

f:id:tabibito12:20160425231651p:plain

ミャンマーウォッチングに欠かせないgoogle翻訳、さらなる進化を期待したいです

ミャンマー北部の猛風で13人犠牲、

ミャンマーの災害(洪水・雨季・地震・台風) ミャンマー人が話題にしてること

ミャンマー北部(上ビルマ)、マンダレー・マグウェー、シャン州と広範囲に天気が荒れ狂い15000世帯が倒壊。犠牲者13名。

マンダレー・マグウェー・サガイン・シャン・アラカン。北部の代表的地名が勢ぞろいで先週から吹き荒れる猛風に深刻な被害を受けています。犠牲者13名。家屋倒壊15000棟。

https://www.facebook.com/MOIWebportalMyanmar/?fref=ts

https://www.facebook.com/theirrawaddy/?fref=ts

f:id:tabibito12:20160425195529p:plain

こんなに大きなヒョウまで降ってきた!

f:id:tabibito12:20160425213906p:plain

http://mizzimaburmese.com/article/13509

ヒョウに打たれた豚さん気の毒に・・・

f:id:tabibito12:20160425200358p:plain

巨木も倒壊

f:id:tabibito12:20160425200509p:plain

学校もめちゃくちゃに

f:id:tabibito12:20160425200038p:plain

ミャンマーは元来、自然災害の多い国ではありますが、こんなに巨大なヒョウが降ってくる写真は、私がミャンマーウォッチングを初めて以来、初めてみました。

昨年の大洪水といい、異常気象ですね。

ヤンゴンの異様な不動産事情に潮目の変化?

ミャンマービジネスのヒント ミャンマー人が話題にしてること

ヤンゴンのオフィス賃料が丸の内と変わらない事実に象徴される、ヤンゴンの不動産価格の異常ぶりに潮目の変化・・・と現地メディアが報じています。2割も下落したところも。

ここ3年に暴騰を続けてきたヤンゴンの不動産価格。日本人にとっても家賃が暴騰したり、無茶な値上げに応じかねてると家を追い出されたり・・・という事象が絶えませんでした。1泊200ドル超のホテル代も有名になりました。しかしここのところ、ヤンゴン郊外 Thingangyun, Hlaing, Insein, South and North Okkalapa

政権交代をへた移行期、富裕層は行く末を見極めようと、当面投資を控える姿勢。かつてデベロッパーは工事着工前から支払いを求めるという高姿勢を見せていたのも昔、いまは竣工しだい極力早く売り切るため値下げもしています。

 

写真:ケンタッキー1号店の上は空き家のまま(管理人撮影:記事とは無関係)

f:id:tabibito12:20160421231036j:plain

そんなこんなで、不動産価格が急速に落ち着き(さすがにダウンタウンでは暴落といえる水準にはなりそうにはありませんが)、オフィス賃料も家賃もホテル代も「ふつう」になってゆくのかもしれません。

ソースはイラワジ紙

Rangoon Housing Prices Drop, Signaling Market Shift

国内メディアが報じない部分、アウンサンスーチー氏演説

アウンサンスーチー氏とNLD ミャンマーの政治

2度にわたる白内障手術を終えたアウンサンスーチー氏。くっきり見える視力を取り戻して、ミャンマー旧暦正月はじめての演説にのぞみました。現地紙のアップから、日本メディアが報じない部分を紹介します。

アウンサンスーチー氏の17日演説は日本の各紙に少しづつ報道されています。多くはベタ記事ですが、朝日は少し大きめの扱い。各社、ミャンマー支局のみなさまはとっても優秀な方揃いですが、本社整理部・編集部が割り当てるスペースは限りがあります。憲法関連とか国民が第一と力説部分とか、こちらで報じられている部分については朝日新聞サイトからご覧ください。

スーチー氏、政権発足後初演説 民主化完成へ改憲に意欲:朝日新聞デジタル

ここにアップされない部分を紹介しましょう。

他国に追い付け! 走れ! と尻と叩いている。
他国に20年遅れている。他国が歩いていても、ミャンマーは走ろう!頑張って追いつくのだ!(When people from other countries are walking, we need to run, taking great trouble to be able to catch them up.)と叱咤激励モード。

パパの言葉を堂々と引用している。

日本では安倍さんも麻生さんも石原さんも、そんなに露骨に「パパの言葉」を引用はしませんが、こちらは「My father said...」と堂々と引用している部分が何か所か。たとえば上記の、他国は歩いてもミャンマーは走れも、アウンサン将軍が第二次大戦後に言ったことの引用だとはっきり言っています。

どの国と親和性か、巧みに避けている

中国との関係は、日本との距離は、欧とは、米とは・・・あらゆる国が熱視線を注ぎながら、ウチの国との距離感はいかばかりか気にしています。日本人でも軍事政権時代の支援を恨まれてるのではと悲観的なこと言う人までいたりします(そんな事言いだしたら中国なんか断交しなくちゃならなくなるのですが)。そんなこんなで、今後のミャンマー外交の方向性が注目されるのですが、「我われの国はすべての国と良い関係を築いてきた。これは我々の国がとても誇りにできることである。世界中の人々からミャンマーは尊敬されている。なぜか。激しい逆境から立ち直ってきたレジリエンスがあるからだ」Since the attainment of independence, our country has maintained good relations with all parts of the world. This is something our country can be very much proud of.always won international respect. Why? Our people could have been resilient amidst the dramatic woes, showing their talents.

と隙を見せません。

f:id:tabibito12:20160419135331p:plain

パパの言葉を引用しつつガードも固い今回の演説ですが、国の進む方向は明確に述べられていて、当面国民はついてゆくだろうと感じられます。願わくば他国から横やりが入らないことを願って・・・

 

イラワジ紙英語版に全訳が載っていますので参照ください。

Irrawaddynews - I’m in favour of entire people regardless... | Facebook