ミャンマーよもやま情報局

関西福祉大学 勝田吉彰研究室。科研費研究でミャンマーに通っています。学会発表や論文には入らないやわらかいネタをこちらで発信しています。取材や照会など連絡先はこちらへ myanmar@zaz.att.ne.jp

follow us in feedly

ミャンマーのケンタッキー1号店の定点観測 2019年9月の現状

ミャンマーのケンタッキー・フライド・チキンの定点観測。2019年9月の現状は、ちょっと縮小傾向が気になる結果になりました。メニューの縮小。スタッフの縮小。

アウンサン通りのケンタッキー・フライド・チキン ミャンマー1号店。店に入って気になったのが、メニューが明らかにシンプルになっていることで、いくつかのパターンのセット群と、パーティー持ち帰り用のバレル。

ちょっとショックなのは、コールスローが消滅したこと。”ミャンマー腹”になっていない(腸内細菌叢が日本モードのままの)、日本から来たばかりの人がミャンマーで比較的安心して食べられる生野菜のひとつがケンタッキーのコーススローだっただけに、事実上、ケンタッキーで野菜が食べられなくなったのは痛いところです。

セットの価格はこの通り。4200チャットは日本円換算で300円強。

f:id:tabibito12:20191021105621j:plain

スタッフも明らかに減少。

開店当時に、ちょっと華やかな服を着てドア横に立っていたスペシャルお姉さんは数年前には姿を消していますが、ドアを開閉しながら入れる人を選別?してたガードマンも消滅。時間によってはドアが大きく開放されたままの光景さえ目にしました(時間帯により異なる)。

しかしそれでも、店内の客層は依然として、開店当初から変わっていません。ヘルメットをかぶった人の姿も目に付きますが、清潔なワイシャツを着ていたりします。道向かいの工事現場からですが、作業員というより、監督かその上のレベルの人みたいです。

一食にこの値段が払えない人は、自分から入ってこない。ガードマンを立たせて入口で追い返すという作業をまったく必要としない(ここらへん、穏やかな国民性ゆえでしょう。国によっては、選別を続けないと、物乞いがいっぱい入って来て店内客につきまとうはず)

通りに面した窓には人が座れる程度の窓枠があり、ここに「一食に4200チャットを払えない人々」が溜まっています。すっと物乞いが寄ってきてお釣りを期待されるという事はありますが(私を含め、いくらかあげる人は結構いますが)、その数は少ないです。今回驚いたのは、このスペースで食べものの販売(!)をやってる逞しいおばちゃんを目にしたことで、試しに買ってきたら500チャット。店内でフライドチキンを食べるのの8分の1の”庶民価格”でした。

この画像は「1食4200チャット払える階層と500チャットで終わる階層」を1枚におさめた決定的瞬間。店内でいちゃつくカップルと、店内に入ってこれない貧しい老人と孫。これが2019年もミャンマーの現実です。

 

f:id:tabibito12:20191021105547j:plain

f:id:tabibito12:20191021104813j:plain

これも定点観測点の「食べ終わったものを、セルフサービスで片づけるか否か」は変化なし。片づけ台は依然として(入口側ではなく)店の奥にあり、食べ終わったのを持って立ち上がれば、おにいさんがすっと近づいて受け取ってゆきます。ほとんどの(見た範囲では全ての)客は、テーブルに当たり前のように放置して立ち去ります。

なお、今回、ふと思いだし、スマホの「ケンタッキーフライドチキンアプリ」を立ち上げました。GPSで付近の店舗を教えてくれる検索機能は、この店を教えてくれるだろうかと思いきや・・・表示されたのは「至近の店舗は石垣店、ここから3029km」だそうです(笑) どうやらこのアプリ、日本を出たら役に立たないという事だけはわかりましたが、それにしても馬鹿正直だなあ(笑)

f:id:tabibito12:20191021105626p:plain

 

 まとめ:

1.ミャンマーのケンタッキー1号店、メニューも店内スタッフも縮小傾向でちょっと心配。

2.出入口のドアに立つガードマンは消滅したが、店内に入って来る層は変わっていない(ケンタッキーを食べる余裕のない人は、自主規制して入ってこない)。しかし店の前、窓枠は入ってこれない人が溜まるばかりか、簡易食べ物屋を開店する者までいる。ガラス1枚隔てて、階級社会がはっきり可視化されている。

3.スマホのケンタッキーアプリは日本を一歩出ると役立たない。しかし馬鹿正直なので、ちょっと笑える情報を提示してくれる。

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

 

ミャンマーの街角で見かける日本と似たモノ(その4:サクラタワーの近くで令和おじさんのお店!)

サクラタワーから徒歩3分の「令和おじさんのお店!」 数年前から目をつけてたのですが、ついに実行しましたワンショット!

サクラタワーから東へ、映画館を過ぎて黄色いスポーツ店のすぐ向こうあたり。
官房長官”か、ちょっと似た雰囲気の妹さんのどちらかが店に出ています。

帽子・サンダル・シャツなどなど、写真にの右下あたりに小さなショーケースがあって、1000円以内ぐらいの安い腕時計も売っています。かつてはオメガやロレックスマーク(笑)もありましたが、ルビーマートからパチモン(フェイク)ウォッチが姿を消したのと同時期にこちらもパチモンはいなくなりましたが、おもちゃ感覚で楽しい物が買えます。

 

f:id:tabibito12:20190914161341j:plain

googleマップではこのとおり☆印の場所ですが、目印になるのとは別のスポーツ店だけ載ってたりしてちょっとわかりにくいので、私の下手な手書きも参照ください。 

f:id:tabibito12:20190914165433p:plain

 

f:id:tabibito12:20190914170248j:plain

隣の黄色いスポーツ店(ミャンマー代表グッズ)やルビーマートともども、ちょっとユニークなお土産発掘にどうぞ。

 

www.myanmarinfo.jp

すぐ近くです。いっしょにどうぞ。

 

www.myanmarinfo.jp

 

http://www.myanmarinfo.jp/entry/2017/03/24/235428

 

 

 

 

サッカー日本代表戦の会場で想う

2019年9月10日。サッカー日本代表戦のスタジアムにて。結果は2-0でなんとか日本側が逃げ切り勝利(と表現する位、意外にも接戦)でした。現場で見たあれやこれや。

ラッキーにもヤンゴン滞在中に、日本代表U23ヤンゴンにやって来るという僥倖に恵まれスタジアムへ。試合そのものは、順当に(誰もが予想するとおりに)日本側の勝利ではありますが、たしかに日本側のペースで試合はすすめど、惜しい処でゴールをそれる事が、特に後半、続きました。ミャンマーの雨季、この日も直前まで大雨だったグランドのコンディションはアウェー感たっぷりで思うに任せないのでしょう。

チケットは5000チャット、3000チャット、2000チャット。つまりざっくり200円から400円ぐらいということで、夢の安さ(?)です。日本人会も入手に一役、感謝感謝です。

f:id:tabibito12:20190911143127j:plain

日本側応援席を端から撮ってもこれだけ。あと全部真っ赤なユニフォームのミャンマー側。応援してる人観察してると、なんとなく「ミャンマー在留邦人のみなさん」と「わざわざこれだけのために日本からミャンマーまでやってきたみなさん」がわかります。

わざわざ日本からミャンマーにやってきたみなさん=ドラムやら「全身大のサイン入り日の丸」やらハンドマイクやら持込み、統制のとれた声援をおくる。手にしたグッズには、「選手の個人名」が書いてある。

ミャンマー在住のみなさん=サンダル、ゴムぞうりを履いている(←おそらく最精密な鑑別点ではないか)。ロンジーをはいてた人も目撃した。

f:id:tabibito12:20190911143225j:plain

スポンサーはほぼすべて日本側一色。

一番大きな、赤地に「Myanmar」の文字が、実はこれ日本企業のPRってわかるかわからないかも、日本からやってきた人とヤンゴン在住の人との鑑別点になるかも。お子様が「Myanmar」と書いた風船もって応援してますが、これ非国民だと思う人は日本から来た人、キから始まる日本の会社だとわかる人はヤンゴン在住の人。

f:id:tabibito12:20190911143259j:plain

 

f:id:tabibito12:20190911143350j:plain

観客席の整理は、ミャンマー的おおらかさ。「チケット持ってるか持ってないか」と「日本人かそうでないか」が区別のすべてだったような。5000チャットの券か3000チャットの券かはまったく関係なかったような(笑)

日本命な日本語ペラペラミャンマー人も、日本側応援席には日本人と一緒でなければ入れてくれないらしく、一緒に入ってというリクエストしてくる人も。amazonで激安で買える日の丸小旗もいっぱい持ってたので差し上げて、警備員突破の支援(笑)。

日本側の一応勝利を見て帰路は、これは他国ではなかなか見られない光景。現地のファンたちが、「日本人、自撮り一緒に撮って!」と求めてくるというのが何人も。隣国はおろか、欧米中東どこ行ってもそんな事はないでしょう。使命をはたしたamazonの(赤丸サイズがちょっとあやしい)激安日の丸小旗も差し上げたら、ずうっと頭上で振り回しながら嬉しそうに歩いてゆくのが視界から消えるまで目撃できました。この国での日本のイメージをあらためて再認識でした。

 

NNAカンパサール連載 第6回(企業人の海外メンタルヘルス総仕上げ)

NNAの担当連載も最終回となりました。これまで紹介してきた、

1.海外駐在の時間は「超多忙」と「所在なき時間」の混在

2.「超多忙」は過重労働と隣り合わせ

3.「所在なき時間」に口を開けるアルコール問題

4.2~3カ月目にやってくる危機

5.欠かせない現地事情の把握と「フォローの仕組み」

をまとめています。よろしければご笑覧ください。

URLは
https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190701/topics_001/

 

f:id:tabibito12:20190706180507p:plain

f:id:tabibito12:20190706181137p:plain

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 



 

 

 

NNAカンパサール連載 第5回(海外勤務者を支える”仕組み”)

NNAカンパサールの担当連載、第五回目です。
今回は、本社側のみなさま向け。ミャンマーに社員を送りだしたら、このようなフォローを忘れずというか、忘れる忘れないにかかわらず実行できる「仕組み」にしましょうというお話です。ぜひぜひ。

URLは
https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190601/topics_001/

f:id:tabibito12:20190706175408p:plain

https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190601/topics_001/

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

ミャンマーの牛に炭疽菌感染症(oie)

ミャンマーの牛に炭疽菌感染症と国連OIE発表。

管理人が毎日チェックしている、国際感染症情報サイト(ProMed)には、時折、人間以外の感染症もアップされます。

もしも、ミャンマー関連でそのような情報が役立つ読者の方(農業関係、援助関係、商社、株式投資など?)がおられるようでしたら、今後も気が付いたらアップいたします。

今回は、ザガイン州の牛に炭疽菌感染症です。国連oieが注意呼びかけ。

炭疽菌感染症の解説は

http://www.kobe-med.or.jp/tarumi/s/tannso/tan.htm

診断と治療
■臨床症状
●皮膚炭疽:ニキビ様の初期病変の後、無痛性で非化膿性の悪性膿疱が出現する。所属リンパ管炎やリンパ節炎を合併する。
●腸炭疽:腸管感染では吐き気、嘔吐、腹痛、吐血、血便、腹水の貯留など、口咽頭部感染では咽頭炎、嚥下障害、   発熱、頸部のリンパ節炎が起きる。
●肺炭疽
:軽度な発熱、疲労感、倦怠感が数日続き、頭痛、筋肉痛、悪寒、発熱、そして胸部の軽度の疼痛が起きる。  重症では、突然の呼吸困難、チアノーゼ、昏睡を伴う失見当識が起こる。
炭疽菌髄膜炎:脳脊髄液中に菌体が現れ、意識消失が起こり死に至る。

www.promedmail.org

http://www.promedmail.org/post/6537539

 

以下、原文コピペ

Anthrax, Myanmar
----------------
Information received on 24 Jun 2019 from Dr. Ye Tun Win, Chief Veterinary Officer Director General, Livestock Breeding and Veterinary Department, Ministry of Livestock and Fisheries, Nay Pyi Taw, Myanmar

Summary
Report type: immediate notification (final report)
Date of start of the event: 9 Apr 2018
Date of confirmation of the event: 15 May 2018
Report date: 24 Jun 2019
Date submitted to OIE: 24 Jun 2019
Date event resolved: 28 Sep 2018
Reason for notification: recurrence of a listed disease
Date of previous occurrence: 2018
Manifestation of disease: clinical disease
Causal agent: _Bacillus anthracis_
Nature of diagnosis: clinical, Laboratory (basic), laboratory (advanced), necropsy
This event pertains to a defined zone within the country

New outbreaks (1)
Outbreak 1 (26708): Zee Hpyu Kone, Boke San Kone, Kanblu, Kanblu, Sagaing
Date of start of the outbreak: 9 Apr 2018
Outbreak status: resolved (28 Sep 2018)
Epidemiological unit: village
Affected animals:
Species / Susceptible / Cases / Deaths / Killed and disposed of / Slaughtered
Cattle / 115 / 7 / 7 / 0 / 0
Outbreak statistics [rates apparent, expressed as percentages]
Species / Morbidity rate / Mortality rate / Case fatality rate / Proportion susceptible animals lost*
Cattle / 6.09 / 6.09 / 100 / 6.09
*Removed from the susceptible population through death, destruction, and/or slaughter

Epidemiology:
Source of the outbreak(s) or origin of infection: Unknown or inconclusive; Contact with infected animal(s) at grazing/watering

Control measures
Measures applied: movement control inside the country; vaccination in response to the outbreak(s); surveillance outside containment and/or protection zone; surveillance within containment and/or protection zone; no treatment of affected animals
Measures to be applied: No other measures

Diagnostic test results
Laboratory name and type / Species / Test / Test date / Result
Veterinary Diagnostic Laboratory, Mandalay (National laboratory) / Cattle / bacteriological examination / 15 May 2018 / Positive

Future reporting
The event is continuing. Weekly follow-up reports will be submitted.

[The location of the outbreak in north central Myanmar close to the Irrawaddy river can be seen on the interactive map included in the OIE report at the source URL above.]

--
Communicated by:
ProMED-mail
<promed@promedmail.org>

 

ミャンマーの児童労働の実態

ミャンマーの児童労働の実態、イラワジ紙の記事保存版。

ILO発表。

5~17歳の9.3%、1割弱、113万人が労働している。616815人は危険作業。そのうち24.1%は12-14歳、74.6%が15-17歳。長時間労働

業種別では農業、製造業に多い。

 

f:id:tabibito12:20190613232728p:plain

 

https://www.irrawaddy.com/news/burma/600000-children-hazardous-work-myanmar-ilo.html?fbclid=IwAR01sAWTwcDuHGOuTysVbjgSihFfzd2I5M2oUifXjuPTRbA7H1whoZ83wQw

 

怒れるお坊さんたちのデモ行進@シュエダゴン→スーレー。仏教ナショナリストは手が付けられなくなるのか否か

怒れるお坊さんたちのデモ行進。シュエダゴンからスーレーまで。ウィラトゥ師の逮捕をきっかけに、”政府による仏教の弾圧”を叫びながら・・・

 

シュエダゴンパヤーを出発した一行はスーレーパヤーまでデモ行進。仏教ナショナリストの集団で、去る5月28日に(ついにというべきか)逮捕されてしまったウィラトウ師の逮捕に抗議し、政府による弾圧を非難するもの。

ウィラトウ師という名前がピンと来なくとも、この顔だといえばわかりますね。

https://www.reuters.com/article/us-myanmar-buddhist/arrest-warrant-issued-for-myanmar-hardline-monk-wirathu-idUSKCN1SZ0FU

f:id:tabibito12:20190610234732p:plain

教唆(sedition)の罪にとわれ、刑法124条により7~20年の禁固刑(懲役もあるのかな?)の可能性がでてきた大親分に忠誠を誓うコワモテのお坊さんたち。

イラワジ紙の取材に、このデモは無許可でやっているそうです。本来なら無許可デモは3~12カ月の禁固刑なのですが・・・

これから、ますます手がつけられなくなってゆくのか、それとも大親分の逮捕でおとなしくなってゆくのか。注目点です。

f:id:tabibito12:20190610234304p:plain

 

https://www.irrawaddy.com/news/burma/yangon-nationalists-march-support-u-wirathu-oppression-buddhism.html?fbclid=IwAR1RGuPBopFw3xFG__JufrpPkpqfHGN1t_IRK7SKyw2SrGgy_XUogLBLDKg

 

nnaカンパサール連載 第4回(異文化適応過程)

nnaカンパサールの連載、第四回、異文化適応過程について書きました。

日本という環境を離れてミャンマーという異文化環境に入ったとき、誰しも戸惑いを覚えるもの。そんな中、着任数か月後にやって来るシンドイ時期、危機とは。。。

アクセスしてご覧ください。

https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190501/topics_001/

f:id:tabibito12:20190603001046p:plain

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

追悼:ミャンマー語の貴重な人材が・・

川崎の通り魔事件。被害者、犠牲となった方の報道を聞いて言葉につまりました。

桜上水の外務省職員。あそこには外郭団体の寮があり、管理人も外務省時代には帰国時にお世話になっていました。

そして、ミャンマー語の専門家。世間の誰も注目しなかった、いまでは想像もできない、「おっかない国」だと思われていた時代にミャンマー語を専攻して日緬関係に尽力してこられた貴重な人材が、まさかのこんな形で失われるのは慙愧に耐えません。

ご冥福を心よりお祈りします。

https://digital.asahi.com/articles/ASM5X5JTBM5XUTFK018.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01

f:id:tabibito12:20190528214003p:plain

 

ミャンマー軍が導入するロシア製最新鋭機はこれだ!

 ミャンマー軍が新鋭機をロシアに発注、6機が製造中!と、同国訪問中のミンアウンフライン将軍会見。その新鋭機とは。

ロシアを訪問中のミンアウンフライン将軍ら、23日にイルクーツクの工場視察、新鋭機は非常に有用と会見。

スホーイSU-30SMが6機。

ミャンマー軍はすでにスホーイ29を持っており、他国からの侵略に対して防衛する能力はすでに保有しており、だから今回の導入は軍備増強になるとか。その意図は、近隣諸国に対する対空で優位に立ちたいということだと報道。

かつて、タイ軍とさやあてを演じたとき、当時最新鋭のスホーイ29をタイ側が持っていたのに対してミャンマー軍は持っていなかったと悔しい思いをした経緯があります。そんなトラウマもあるのではとイラワジ紙の見方。

しかし、この最新鋭機が、他国からの防衛ではなくて、自国民に対して(少数民族軍に対して)用いられるのではとの懸念は払しょくできていません。

ところで、先般、航空自衛隊のF35が墜落し国内報道に大きく載っていますが、ミャンマー軍機は毎年のようにバタバタと墜落しています。

イラワジ紙がすっぱ抜いているだけでも、

2014年にミグ29(マグウェイ

2016年2月にビーチクラフト(ネピトー)

2017年9月にG-4(パテイン)

2018年4月にF4(タウンジー

2018年10月に民間人巻き添えで(マグウェー)

と毎年のようにあバタバタと落ちてます。

f:id:tabibito12:20190427235531p:plain

さて、このスホーイ30は1989年初飛行ながら、派生型がいろいろあり、最新のSM型は、インド空軍のMKIやマレーシア空軍のMKMより優位と。

ミャンマー軍はロシアにとってもお得意様にて、これまでにもスホーイ29、ミグ16、24、35、ヤク130と購入してきています。

隣国を意識し、少数民族軍にも照準を向けそうな飛び道具。さてどういう活躍をしますやら・・・

 

f:id:tabibito12:20190427235917p:plain

スホーイ30の壁紙
http://www.1zoom.me/ja/wallpaper/554259/z523.4/2560x1440

ソース

https://www.irrawaddy.com/news/burma/russia-building-six-advanced-fighter-jets-myanmar-military.html?fbclid=IwAR0k69Ja6YDXo-05EMsBFVKMA6VxJ7yu3UsX4X3RsjqMRulwN-R56mdP3Rc

 

 

 

 

 

 

nnaカンパサール連載 第3回(海外赴任とアルコール問題)

管理人担当のNNAカンパサールの連載、第3回目が掲載されています。今回は海外駐在とアルコール問題について。いまヤンゴンやネピドーに駐在中のみなさま、お酒の量が最近増えてるみたいとか、ブレーキが効かなくなってきたかなあとか、軽くスクリーニングなどいかがでしょうか。CAGEとかHALTとか、使えるツールとして御覧ください。

 

https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190401/topics_006/

http://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190401/topics_006/

f:id:tabibito12:20190412000202p:plain

 

なお、この連載は、日本人駐在員に向けたものですが、ミャンマー人のアルコール問題についてはこちらで紹介しております。あわせてどうぞ。

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

ミャンマー人が日本で働く波紋(外国人労働者問題、TBSラジオの電話出演で紹介しました。ラジオクラウド)

入管法改少々お待ち正が施行され、外国人労働者がさらに34万人日本で働くことになる(と政府の皮算用)。その中でミャンマー人もそれなりに存在感を発揮することになります。そうした外国人労働者の問題を特集したラジオ番組で発言しました。ラジオクラウドでお聴きいただけます。

人材派遣業など、ミャンマーの人々を日本国にお迎えする事業に、ヤンゴンで汗を流しておられる読者の方もおられるかと思います。そのご尽力にて日本の土を踏まれた彼らが直面する問題は・・・TBSラジオ外国人労働者問題の解説がありました。

管理人は、産業医業務の経験からの問題提起を電話出演で少々話させていただきました。ラジオクラウドから、いつでもお聴きいただけます。

https://www.tbsradio.jp/355437

HPのなかほど、△印をクリックするとお聞きいただけます。
8分30秒あたりが管理人の出番ですが、それ以外、他の先生方も非常に興味深い話をされておられます。お時間があれば最初から聴くと面白いかと思います。

外国人を扱う産業医の立場からは、健診をおこなっても外国人に対応できるノウハウが本当にない・・・というのを痛感しております。

 

f:id:tabibito12:20190411233933p:plain

https://www.tbsradio.jp/355437

 

なお、この発言の原体験は、別ブログに書いておりますので、よろしければあわせてどうぞ。

https://blog.goo.ne.jp/tabibito12/e/6c77df1273a7c7896d168ce0d501040d

 

ミャンマーのケンタッキー1号店の定点観測 2019年2月の現状

2019年2月の現状、低価格路線からエキゾチック路線に舵を切っています。店外に向けて貼られたポスターは、そのポリシーをわかりやすく明らかにしてくれますが、上海セットだ東京セットだと、ミャンマー国外のエキゾチックを誘いはじめました。一方で飲み物専用カウンターや低価格メニューの掲示が姿を消しています。

ヤンゴンのボージョーアウンサン通りにあるケンタッキーフライドチキン1号店。富裕層から貧困層まで、あらゆる階層が行き交う大通りに面しているので、その中に入ってこれる階層や雰囲気を継続的定点観測すれば、変わりゆくミャンマーを掴む一助になるのでは・・・と、継続的にアップしています。

前回から今回にかけて、新しく登場したのがこれ。

スパイシーをメインにするのは「上海セット」。かつて中国勤務の経験ある管理人にいわせれば、スパイシーを前面に出したいなら上海より「四川セット」「重慶セット」だろうがと思うのですが・・・

左の、「店内をのぞき込む謎の老婆」と比べれば、この巨大さがわかります。

f:id:tabibito12:20190331005843j:plain

ナゾの「東京セット」。画像が反射してよく見えないのですが、「カレーポテトソース」がポイントのようです。いつから日本はカレーの国になったのか。

f:id:tabibito12:20190331005849j:plain

(上海でも東京でもない)オーソドックスなセットのお値段はこの通り。2ピース+コールスロー+ポテト+コーラで4200チャット、約300円。

f:id:tabibito12:20190331011147j:plain

店内の様子。前回、飲み物専用カウンターが新設されていたのが、あまりに短期間で撤去されてしまいました。喫茶店的機能をもたせてお茶だけの人も・・という試みは成功しなかったようです。

f:id:tabibito12:20190331012102j:plain

f:id:tabibito12:20190331012326j:plain

営業時間は9:00~23:00.閉店時間、ちょっと延びたかな?

f:id:tabibito12:20190331012402j:plain

価格表。

f:id:tabibito12:20190331012529j:plain

f:id:tabibito12:20190331012623j:plain

価格戦略は、試行錯誤で低価格メニュー路線から謎のエキゾチックメニュー路線へ転換。一方で、店内の顧客層は変わらず。低価格路線がうまく行かないらしく、営業方針は試行錯誤が続いています。一方で、店内の様子(顧客層、下膳は従業員がやる点など)は変わらないのが2019年2月の状況でした。

 

 

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

www.myanmarinfo.jp

 

 

nnaカンパサール連載 第2回(感染症流行のメンタル)

先月より担当させていただいております、nnaカンパサールの連載、2回目がアップされています。よろしければご笑覧ください。

https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190301/topics_001/

 

今回は感染症流行のメンタル。前職、外務省医務官時代に北京でおもいきりぶち当たったSARS(重症急性呼吸器症候群。中国では非典型性肺炎を略して非典フェイディエン)パンデミックと社会混乱、そんな中で観察してまとめた心理社会的影響について。

ミャンマーでも、人間と動物(鶏・豚・牛・水牛・馬・etc・・・)が近接して住んでいる実態がありますから、人畜共通感染⇒遺伝子交雑⇒新種ウイルスの登場というストーリーは、中国南部やインドネシア程度にはリスクがあると思われます。ある日、周囲の人々がバタバタと出勤できなくなる・・なんて事態も、頭の片隅にでも想定いただければと思う次第です。

https://www.nna.jp/nnakanpasar/backnumber/190301/topics_001/

www.nna.jp

f:id:tabibito12:20190314150924p:plain