ミャンマーよもやま情報局

関西福祉大学 勝田吉彰研究室。科研費研究でミャンマーに通っています。学会発表や論文には入らないやわらかいネタをこちらで発信しています。取材や照会など連絡先はこちらへ myanmar@zaz.att.ne.jp

follow us in feedly

アラカン軍の存在感が急拡大したワケ

ラカン州といえば、注目度急上昇がアラカン軍(AA)。ベンガルの皆さんのARSAテログループは知られるものの、AAの知名度はいまひとつでした。が、警察署襲撃で存在感拡大しているわけは・・・イラワジ紙の解説。

 アラカン軍(AA)の9周年記念動画。そのクオリティの高さに驚愕です。
(制服女子のお好きな方もどうぞ)

www.youtube.com

ここで注目されるのが、出てくる武器にたっぷりカネがかかっていること。M60自動小銃だ、MRADスナイパーライフルだと、タイーミャンマー国境のブラックマーケットでは相場1万ドル/丁ぐらいで取引されている高級品をバンバン打っています。

このリッチなアラカン軍、その急成長ぶりでも注目を集めています。カチン州Laizaでわずか69人の決起ではじまったアラカン軍、いまや7000人規模にふくれあがっています。

なんでこんなにリッチなの?となりますが、カチン州の独立軍(KIA)やワ軍の支援を受けつつ、国外出稼ぎアラカン人が数千チャットの義援金を送ってきたり、誕生日に4万チャット送ってきたり、麻薬密売をやってるらしかったり(2017年にアナン元国連事務総長率いる調査チームのレポートにも、AAと薬物ディーラーの関係が書かれている)、資金源は様々のようです。

2015年にミャンマー軍が空爆をおこなった際には、対空砲をプレゼントしてくれる篤志家があらわれたり・・・

そんなこんなで、前述の1丁100万円もするぴかぴかの最新銃(イスラエル軍ノルウェー軍も使っているのだとか)をバンバン打てるほか、装備もしっかり、家族の福利厚生もしっかり整っているとか。

そんなリッチなアラカン軍が、ベンガル系のみなさんのARSAテログループと提携してるかも(コンタクトしてるらしき)噂も出ている状況下、ミャンマー軍にとって難敵になりつつあるようです。

3つ巴の睨み合い、アラカン州はさらにキリングフィールド化してゆくのでしょうか。 

 

https://www.irrawaddy.com/news/burma/analysis-arakan-army-powerful-new-threat-tatmadaw.html

www.irrawaddy.com

1年で103人も亡くなってしまう死のハイウェイ、それでも少し改善(ヤンゴンーマンダレー線)

ヤンゴンーネピトーーマンダレー線のハイウェイ。ネピトーに用があるけれど飛行機がとれなくてやむなくここを走ったことがあるという方は少なからずおられるかと思います。ここが死のハイウェーであることはそれなりに知られていますが、それでも若干の改善にはあるという話。

2018年1年間でヤンゴンーネピトーマンダレー線で亡くなった人は103人! 交通事故が473件でケガ人は873人。毎日約3名づつ死ぬかケガしているかという計算です。

ちなみにヤンゴンマンダレー線は記事によれば400マイルとのことですからイコール640km、東京ー神戸よりちょっと長い程度です。距離も性格もよく似ている東名+名神両高速道路の死亡事故件数を足し算すると、2017年で3件、2016年で4件という数字ですから↓

https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/kousoku/documents/29kousoku.pdf#search='%E6%9D%B1%E5%90%8D%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%81%93%E8%B7%AF+%E4%BA%8B%E6%95%85%E6%95%B0'

ヤンゴンマンダレー線ではゼロがふたつばかり多いということになります。

しかしそれでも、2017年に比べて改善傾向にあります。2017年は死亡116例、負傷者863例、件数555件でした。

若干なりとも改善した理由が「交通取り締まりの導入」。スピード違反には5万チャット(約4000円)、シートベルト不着用には3万チャット(約2000円

https://www.irrawaddy.com/news/road-toll-death-highway-drops-2018.html

台中盤)と、それなりに抑止力もありそうな罰金額です。

また、この道路自体、”名ばかり高速道路”で、舗装や標識を改良しなければならないとの声もあり。

ビジネスでこの道を通らねばならないみなさま、旅行で高速バス利用のみなさま、ここを利用せざるをえない皆様におかれては、シートベルトくれぐれもお忘れなく!

 

しかしこのワンディングぶり、ミャンマー国鉄の線路もかくやという状況で大変ですね。

f:id:tabibito12:20190105121323p:plain

www.irrawaddy.com

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

 

f:id:tabibito12:20180429170954j:plain

光陰矢の如し、2012年にはじまった私のミャンマー通いも7年目に入ります。

この7年間、想定どおりのすさまじい変化を目にすることが出来ました。主として医学界(精神医学界・軍医学界)の交わりでは、ユワタジの精神科病院は外国人禁のベールに包まれた世界でしたが今やYBMのバス路線図に明示されるまでになり、おなじく謎の存在だった精神医学会はついに国際学会まで主催(!)し世界各国から発表がおこなわれるところまで急成長しました。そして邦人のみなさまのストレス環境も刻刻と変化してまいりました。

新年も定期的な訪問調査、また、本来の研究テーマとは異なる場所でミャンマー庶民の定点観測をする楽しみ・・・私的には、ケンタッキー・フライド・チキン1号店とルビーマートがお気に入りの観測地点です・・・も続けてゆきたいと思います。

当サイトも引き続き、非公式な発表の場としてお楽しみいただければ幸いです。

新年もよろしくお願いいたします。

   2019年元旦

                 勝田吉彰

ミャンマーのケンタッキー1号店の定点観測 2018年10月の現状

ミャンマーケンタッキーフライドチキン。その1号店開店以来の、店の中を定点観測してゆけばミャンマーの発展度合いとの相関が観察されるのではないか。そのような仮説のもと、約半年ごとに店内外の画像とともに考察するシリーズ、2018年10月版。前回2月からの目立つ変化は、スムージーのブースが新設されたことです。一方で客層は前回の変化からは目立つものなく店員の応対も同様。

ヤンゴンのケンタッキー、この1号店はボージョーアウンサン通りに面し、店の前はリッチマン・中産階級・一般庶民・物乞いとあらゆる経済的階層が通りますので、店に入って来れる階層を見ればある程度の変化がつかめます(対して2号店以下は高級ショッピングセンターやら空港やら、前を通る人びとの社会的階層が限られるのでずっと同じ)。

今回目を引いたのがこのカウンターの新設。スムージーと飲料が提供されます。飲料は通常のカウンターでも提供されますから、わざわざこれが新設されたのは「飲料だけ注文して喫茶店的な使い方をする人」を増やそうという意図でしょう。2017年9月頃から目立った、低額セット導入による客単価低下⇒間口の拡大と同じ方向性です。f:id:tabibito12:20181029212450j:plain

店内の客層は大きな変化なく。中の上以上が保たれています。

 

f:id:tabibito12:20181029212533j:plain

店の外は富裕層から物乞いまで。店に入れない層がウインドウの段差のところで日がな一日座っているのも変わらず。

f:id:tabibito12:20181029212617j:plain

プライスタグも変化なく。

f:id:tabibito12:20181029212415j:plain

f:id:tabibito12:20181029212512j:plain

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

www.myanmarinfo.jp

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 



ミャンマーのネット事情。LTEとWifiの速度差が世界でもトップレベルに躍り出た

ヤンゴン空港に降り立つと「4G」の巨大な看板。まだ4Gが始まったばかりで珍しいのかここでは・・・なんて思ってると、意外な事実が。

 

netgeekで流れてた「もはやWi-FiはキャリアのLTE電波網よりも通信スピードが遅いことが浮き彫りに」 という記事。文字通り、WifiLTE(モバイル回線)が追い抜いてるという話なのですが、各国比較のグラフを見てホーと。

f:id:tabibito12:20181211230212j:plain

 いまやモバイル回線がWifiを追い抜いているのが全ての国だというのがこの記事の趣旨なのですが、そのなかで、速度差、モバイル回線の方がどれだけWifiより速いのか、速度差が大きい順に並べたグラフです。 

f:id:tabibito12:20181128173717p:plain

特に速度差の大きい首位グループの塊、世界でも第七位につけているのがミャンマーです。

この上位国を見てゆくと、首位オーストラリアは別として、オマーンギリシャチェコカタールレバノンイラクと、先進国とは目されない面々ですが、しかし、一旦崩壊に近い処までガラガラボッチャンで再建してきた国、それなりにお金のある国が並んでいます。

技術の世界には、ある技術で遅れていて(整備されていなくて)、しかし、その分野でまったく新しい技術が出てきたら、下手に旧技術がしっかり整備されていた国を一気に追い抜いてしまうというのはよくある話です。

ミャンマーにおけるITも、御多分にもれずそのパターンに入っていることが可視化されるグラフといえましょう。

元ソース、クリックしてご覧ください。↓

 

gigazine.net

https://gigazine.net/news/20181126-mobile-network-faster-than-wi-fi/

ワンコインで功徳を積んで来世の環境を良くする方法:その7(ボタタングパヤーの門前マーケットは入場前に!)

ミャンマーのお寺でワンコインで功徳を積む方法。お供えものは色々独自の文化があって面白いのですが、ボタタングパヤーでは門前のお店で入場前に入手します。

スケジュールの詰まったビジネス出張、そんな合間にちょっと良い気を吸って、自分が生まれた曜日の仏様にお願いして、手軽にドネーションして来世に良い生まれ変わりを期待しましょう・・・と私のいつもの行動パターン。

シュエダゴンより気軽に行けて、ダウンタウンから遠くなくて、スーレーより広々して雰囲気の良いボタタングパヤーは時間限られるビジネス出張の合間にもちょっと行けて私のイチオシです。(かつてはスーレーに立ち寄ってましたが、「アンナイシマショウ、ニホンジンデスカ」が毎回寄ってくるので最近はこちらへ)

ユニークなお供えものをミャンマー庶民価格で手に入れて置いてくるのはなかなか楽しい経験ですが、(入口で何店もあるスーレーと異なり)ここボタタングでは入場してしまうと店がありません。お供えものは入場前に門前のマーケットで入手する必要があります。これがなかなかの規模で歩くと楽しい空間。

こんな可愛いのも(お供えものじゃないですが)

f:id:tabibito12:20181029214119j:plain

天井まで積み上げられたバナナの山。

f:id:tabibito12:20181029214146j:plain

これを山刀で豪快にぶったぎってお供えものをつくるおじさん。

f:id:tabibito12:20181029214221j:plain

きれいに並べて組み合わせて完成!

f:id:tabibito12:20181209145928j:plain

ボタタングパヤーの前のマーケットは面白いので参拝「前」に立ち寄りを

 

ワンコインで功徳を積んで来生の環境を良くする方法:その6(ボタタング パヤーのハイテク寄付コーナー)

ワンコイン(500円以内)で功徳を積む方法。川沿いはブッダの歯で有名なボタタングパヤー(Botahtaung)のIT化寄付受付コーナー。

入場料払って最初の建物に入ると右手にこんなカウンターがあり若手のおねえさんが座っています。そこに(ほとんどが)1000チャット札握りしめたミャンマー庶民が、例によって列をつくらず押し合いへし合いしています。なんだなんだと見ていると、IT化されたドネーション窓口のようです。

f:id:tabibito12:20181029212955j:plain

で、そこにいたミャンマー人に交じって、同じように1000チャット(約80円)札をこのおねえさんに差し出してみると、パチパチとキーボードを叩いて何やら入力してくれます。

「ここに示されています」とおねえさんが指し示す画面を見ると、(判読できるのはJapanだけですが)どうやら寄付額と名前が示されているようです。名前は口頭で言っただけですから(書類記入はなにもない)、おねえさんの耳に聞こえたように書いてあるのでしょう。このミャンマー文字が本当にカツダと読めるのかどうかは仏様とミャンマー人のみぞ知る。もっとも、日本でだって、私の名前をカツタと思いこんじゃって正確にカツダと記入する人はむしろ少なかったりするので、むしろ正確かな。

国籍も尋ねられた覚えがないから、このおねえさんは、日本人と中国人と韓国人をちゃんと判別できるようですね。

f:id:tabibito12:20181029213032j:plain

おねえさんが打ち込んだ情報は、写真にうつってるレーザープリンターにも届いていて、寄付証明書がピッと出てきます。ここで功徳を積もうと考えるのは基本的にミャンマー人で外国人観光客は基本的にそんな事考えませんから、寄付証明書はミャンマー語オンリーです。右のふたつは外国人用入場券とステッカーですから英語オンリーです。同じパヤー内でもちゃんと使い分けられていて対照的ですね。

f:id:tabibito12:20181029213108j:plain

入って右側のお堂に入ってゆくと、広大な空間に良い気が満ちていて、たっぷり快適な時間が過ごせます。この建物の片隅には”従来型ドネーションデスク”があります。こちらはスーレーパヤーなど他の大手パヤーと同じシステム。こちらでも、たまたまポケットに入っていた10ドル札で功徳を積んでみます。いつだかスーレーパヤーで見たのと同じ、ドル札はその番号まで(2枚複写の寄付証明書に)記入することになっていて、取扱いスタッフが着服できないようになっています。性悪説にもとづいてキッチリしたシステムになっているようですね。

f:id:tabibito12:20181029213332j:plain

f:id:tabibito12:20181029213458j:plain

その他、クルクル回転する板に向けてチャット札を投げてうまく入ったら願がかなうコーナーだとか、いろいろ工夫がみられるのがミャンマーのパヤー。ちょこちょこ小出しに功徳を積み上げてゆくと、来生だけじゃなく現生でも結構楽しめたりします。

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

 

www.myanmarinfo.jp

 

ヤンゴンの狂犬病は業界で国際的注目

ヤンゴンの街を歩けば野良犬に当たり、咬まれる人もしょっちゅう出ていて、狂犬病の犠牲者も多いのは、生活実感としてよくわかる処でありますが、国際的注目を浴びつつあります。

outbreaknews。感染症アウトブレイクの専門サイトで、感染症オタク的な話題が日常的にアップされているサイトですが、ヤンゴンの野良犬と狂犬病の話題が。

ここのところ犬にかまれて受診するケースが急増しており、11月には1日平均60人、10月は1300人!

1~10月で8629人、大部分がダラ地区。今年にはいってヤンゴン総合病院だけで狂犬病による死亡者。

f:id:tabibito12:20181201102239j:plain

ヤンゴンの住人は誰でも、咬まれた後のワクチン(暴露後免疫 PEPといいます)をヤンゴン総合病院で受けることが出来るが、2回目以降は最寄り病院で実施を。

犬に限らず、なにかに咬まれたら必ずその日のうちに受診を!

 

outbreaknewstoday.com

 

 

ミャンマーの愛すべきパチモンたち:その4 ドラエモン×キティのコラボもミャンマーで独自の進化

ヤンゴンの街にあふれるパチモン(フェイク)紹介シリーズ。「ドラエモンとキティちゃんのコラボ」もお手頃価格の独自進化をとげているのがミャンマーです。

ドラえもん藤子不二雄プロ)も、キティちゃん(サンリオ)も、事務所の壁を越えて固い友情で結ばれるのがミャンマーという国です。上座部仏教の功徳ですね(嘘)

f:id:tabibito12:20181029203423j:plain

コラボのお値段、3500チャット、300円弱!

f:id:tabibito12:20181029203454j:plain

どちらか単独だと3000チャットに下がります。

ところで、ドラえもんとキティちゃんのコラボって、実は存在しないわけではないのです。ただ、事務所が2つもからんでパテント代とられたら、100円ショップで売ってるような多色ボールペンが1000円だとか、パンツ1枚1700円だとか、まあそういう高貴な(?)お値段になるわけです。それが3500チャット。やっぱり面白い国です、ミャンマー

しかし、これを帰国荷物に入れて、税関の抜き打ちでカバン開けてくださいとなったとき、これを見た係官はどう反応するのか。経験者おられたら教えてください。

 

shopping.geocities.jp

 

 

ヤンゴンの路上でカネをまきあげるニセ僧侶! ご注意を!

ひところ日本の街角で僧侶の格好してカネを脅し取る怪しい外国人が話題になったことがありますが、ヤンゴンに出没して善良な市民からカネ毟ってる動画が猛拡散中です。みなさまご注意を。

skynewsの動画。
クリックしてご覧いただくのが一番良いのですが

https://www.facebook.com/than.chitoo.96/videos/814030432261339/UzpfSTQ3ODMyNzk5MjIyNjkxMjoyMDQ3NTMzODE1MzA2MzE0/

www.facebook.com

抜粋。

f:id:tabibito12:20181112095229p:plain

善良なおばさんが、路上で僧侶姿の男にカネを払ってお祓いらしきことをやってもらっています。それに気が付いた投稿主がスマホで動画撮影開始。「お前ナニモンやっ!」と声をかけます。

僧侶姿の男は、ごそごそと証明書らしきものを取り出し見せますが、ピントがぼけていますが、少なくともミャンマー語でないのが見て取れます。

f:id:tabibito12:20181112095618p:plain

いかにも悪辣な人相ですね。Tシャツの上から僧衣らしきものをひっかけたイイカゲンな格好、おかしいと思わないのかなあ、おばちゃん。まあ、そこで投稿主は気が付いたのでしょうが。

f:id:tabibito12:20181112095715p:plain

さらに投稿主が追及を続けると、退散モードに。やはり人相悪辣なお仲間も撮影すると、撮るな!と遮ぎりますが、勇敢な投稿主はひるみません。

f:id:tabibito12:20181112100045p:plain

そして退散、次の獲物を狙いにゆきます。

f:id:tabibito12:20181112100730p:plain

不良僧侶(破戒僧なんて言葉も昔、教科書にあったような)といえば、管理人が思い当たるのは、スーレーパヤーで外国人にガイドを持ち掛ける輩ぐらいですが(これも常駐してるのでご注意)、こちらは明らかに偽物ですね。

日本でも、この手の動画が拡散したことがありますが(あの時は中国人だったかな)、より熱心な仏教徒の多いミャンマーでは騙される人も日本より多そうです。

ヤンゴンの街角、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

ミャンマーー日本行き来してWifi通信速度を気まぐれに測ってみたら・・・

日本からミャンマーへ行き来するなかで、いくつかの地点で気まぐれに測定したWifi速度をランダムにアップ。ミャンマーに限ったものではありませんが、参考になれば。

 

 

日本でレンタル、イモトWifi。欧米行きならサクサク4Gだけど、ミャンマー用は3Gになってしまいます。まあ、ミャンマーの空気にひたった中で、メールやらHPやら、ふつうのお仕事する分には問題ありません。動画編集やらマニアックなことは×

 

f:id:tabibito12:20181029215038j:plain

 

ホテルの無料Wifiはこんな感じ。Central Hotel
トラブルなければ、イモトWifiはしまっておいてホテルので良いですね。(でも、トラブル怖いからイモトWifiは借りてくけれど)

f:id:tabibito12:20181029215056j:plain

 

ヤンゴン空港はこういう値。新ターミナル完成まもない、ミャンマーの顔になるピカピカの場所でこれは悲しいなあ・・・イモトWifiの使い残しギガを使うのが吉。

f:id:tabibito12:20181108165235j:plain

 

経由地のソウル仁川空港はこんな感じ。同じ国際空港でも桁ひとつ以上違いますね。

f:id:tabibito12:20181108164911j:plain

さらにもう一桁違うのが成田空港。立派。でも・・・

f:id:tabibito12:20181110191511j:plain

 上には上が、日本国内のスタバWifiは、無敵です。

f:id:tabibito12:20181029220003j:plain

ミャンマー庶民の結婚式はこんな風

前回は(結婚式じゃないけど)ノボテル大ホールの大宴会に度肝を抜かれましたが、あのような処で結婚式をやるのは芸能人かセレブです。では、庶民の結婚式は❓ 

ノボテルやスーレーシャングリラには手が届かない階層を迎えてくれるのは・・・そう、やはり同じく、研究費の範囲でノボテルやスーレーシャングリラに手が届かないニッポンの教授が泊まっているセントラルホテルがひとつの解になります。

部屋に戻ってくると、なんと自室の並びに花嫁さんが! 3階のアウンサン通りに向かう側がデラックスルームなっていますから、どうやらそのひとつを控室にして、2階の式場に降りるという次第になっているようです。声をかけてみたら、周囲のお友達もとっても嬉しそうです。(もちろん本人および周囲の関係者の同意を得て撮影)

f:id:tabibito12:20181103002411j:plain

受付にはプレゼントが山積み。やはり庶民の式は包み紙からして素朴そうですが、かさばるものが主流です。中国でも、ガン!とかさばるものが見栄するという発想はありますが、同様の考え方なのでしょう。

f:id:tabibito12:20181029214507j:plain

式を演出する業者。「PNA」社の制服はラフです。庶民相手だとこんなものかな。彼らの動きは、日本のように形式ばりませんが、必要十分なことをきびきび動いている印象でした。背中には電話番号まで!

f:id:tabibito12:20181029214429j:plain

彼らのHPを見てみると基本、結婚式の写真屋さんのようです。その作品がアップされていますが、なかなか素敵です。クリックして御覧ください。

www.marry.com.mm

受付には写真も飾られ。。。

f:id:tabibito12:20181029214618j:plain

プロじゃなくてお友達が受付するのも日本庶民と同じです。

f:id:tabibito12:20181029214639j:plain

〇〇家、〇〇家 御式の表示はフルネーム、英語です。

f:id:tabibito12:20181029214822j:plain

開場前の式場です。装飾も素朴ですね。天井低く柱が目障りですが、建築が古いので仕方ありません。

f:id:tabibito12:20181103165106j:plain

比較対照まで、ノボテルの大ホール(芸能人やセレブが式を挙げしばしばマスコミに登場するホール)の写真アップしておきます(これは結婚式じゃなくて、製薬会社の医者接待の宴の撮影ですが)。3倍はあろうかという天井にミラーボール、後ろにも大スクリーン・・・

セレブと庶民、とってもわかりやすいですね。

f:id:tabibito12:20181103173005j:plain

控室はこんな感じ(のはず)。これは私の泊まった部屋の撮影ですが、並びの同規格。

f:id:tabibito12:20181029205658j:plain

余談ですが、この部屋agodaでとったら1泊7000円ぐらい、東京の東横インぐらいの値段でコスパ高いです。サクラタワーから徒歩1分の立地はビジネス出張にも大いに使えます。(朝食つき。Wifiは安定)

www.centralhotelyangon.com

ともあれ、お二人の末永き幸せを心から祈念しております。

 

f:id:tabibito12:20181103165245j:plain

f:id:tabibito12:20181103165310j:plain

 

ミャンマーの愛すべきパチモンたち:その3 腕時計はダニエルウエリントン「だけ」の狙い撃ち

ミャンマーのパチモン(フェイク・偽物・イミテーションの関西弁)、第三弾はフェイクの本丸、腕時計です。ダニエルウエリントン「だけ」がやられ放題の現実。

ブランドものフェイクといえばバッグと並んで本丸が腕時計。パチモンの巣窟、ルビーマート(とその周辺個人商店)を探索してみると・・・

さっそく登場、大人気のダニエルウエリントン、3300チャット(200円台)!

f:id:tabibito12:20181029154235j:plain

ダニエルウエリントンのフェイクは結構有名で、日本のサイトにも色々書いてあります。でも、「正規輸入の保証書がなければ修理が受けられない」だとか「皮の色調がどうの」とか「分針の長さがこうの」とか、この現実とはあまりに乖離したことが書いてあって(笑)やはりミャンマーはミステリアスな国だ。。。

flap-flap.jp

ところで本論。売場を見て回っても他の”ブランド”が見当たらないのです。ほんの半年前にも(周辺個人商店ですが)たしかに「Ωオメガ」を見かけ、2012年当時では何でもござれだったのですが、商標管理が急速にすすんでいるのが印象。世界から注目される国になるというのは、こういう事なのですね。と今更ながら思った時計売り場めぐりでした。

代わりに並んでいるのが、我らがシチズンの途上国向け廉価版、Q&Qが(日本の量販店みたいに吊るして売られず)箱入り正規輸入代理店保証書付でショーケースに並んでいたりします。20000~40000チャット台、大体2000円ぐらいで買えます。ここらへんがミャンマー庶民のちょっとステータスどころということか。

 

 

 

 

満月の夜に見せつけられた、ミャンマー製薬企業の底力とブラック体質

2018年10月24日。タディンジュ満月の連休初日、あちこちにステージが設けられ、ミャンマー人たちはおめかししてお祭り騒ぎの一夜です。ノボテルの大ホールといえば、セレブや芸能人が結婚式をやったり、何かにつけマスメディアに写り込む、帝国ホテルみたいな大舞台です。ではそんな日にそんなホールを貸切る、飛ぶ鳥を落とす勢いは誰か。そして垣間見える現実は・・・現場レポート。

今回はいつもの定点調査研究と、26日からの学会(PRCP2018)でのシンポジウム発表をくっつけての滞在。24日の夕方になってDSMA(軍医医大)の教授が、今日は夜あいてる? ノボテルでご飯食べようよと誘ってきました。てっきり数人で行くのかとおもったら、現場でびっくり。(こういう曖昧な誘い方で、行ったら吃驚というのはもう慣れたつもりでしたが、さすがに今回は・・・)車でノボテル地下駐車場に入ると、なぜか、保健スポーツ省の駐車許可証をダッシュボードに載せた車が多数。あれれ?と思いつつ向かったのは1階大ホール。「LIFELINE」のバカでかい装飾とともに、お揃いの青いロンジー姿のスタッフたちに迎えられます。ドドーンと、1000人は入ろうかという大宴席が、マスメディアで見慣れた(けれど初めて入る)空間に並んでいます。その大部分がミャンマー中の医者たちと、保健スポーツ省役人と、製薬会社社員だというのです。顔見知りの教授たちもパラパラ見えますが、知らない人いっぱい、つまりこのLIFELINEという会社は傘下に何十社もの会社をもっていて、それぞれ得意分野があり、それに応じた各科の医者たちが招待されてるのでした。

舞台にはミラーボールが放つ光線と壁一面のCGグラフィック!

宴が始まると、いきなり壁いっぱいの仏像!が、、、そして司会が登場。

f:id:tabibito12:20181025030749j:plain

最初の挨拶ぐらいが英語が入りましたが、あとはミャンマー語オンリー。まあこれはミャンマー人の医者たちを大接待する会ですから仕方ありません。ではひとこともわからない舞台を見て面白いかと言われたら、これが面白いのです!そこから漂ってくるブラックのにおいが!

この製薬企業が15周年を迎えた記念の宴ということで、2003年にヤンゴンから始まり次々とミャンマー中に版図を拡大してゆくグラフィック地図ととに各支店の皆さんの写真が。。。しかし各コマに、人員数とgrowth rate〇〇%と。つまり成績を晒すのです。

f:id:tabibito12:20181025192923j:plain

聴衆は顧客のはずなのに。頭の中に??マークが浮かびだしたときに、社員研修の様子が写りはじめます。

ホテル宴会場とおぼしき場所で人間タワーをやらされる!

f:id:tabibito12:20181025194100j:plain

海岸に出て、北の某国みたいなマスゲームをやらされる! 「LIFELINE」と社名の人文字が何度も出てきました。

f:id:tabibito12:20181025194006j:plain

ちょっとわかりにくいですが、舞台の人の間に人文字が見えます。

f:id:tabibito12:20181025192501j:plain

海岸で騎馬戦らしきことをやらされる。ちょっとわかりにくいですが、舞台の踊り手の隙間から、馬役の人がちらりと見えます。

f:id:tabibito12:20181025192632j:plain


”仲間意識を醸成”するためのゲームか何かでしょうか。

f:id:tabibito12:20181025193733j:plain

表情から緊張感が伝わってくる会議。怖い社長がなんと言ってるのか、たとえ怒鳴っててもミャンマー語ではわかりません。パソコンはMacで揃えてます。リッチですね。

f:id:tabibito12:20181025192756j:plain

成績をあげるとグレード高そうなものをもらえます。指輪か何かかな。感極まってこんな顔になってしまいます。こりゃあマインドコントロールが効いてますね。

f:id:tabibito12:20181025193657j:plain

 舞台では、社員のみなさんが、一糸乱れぬ統制のとれた踊りを入れ代わり立ち代わり披露してくれます。幹部社員とおぼしき年齢の女性も許してもらえませず、お腹のお肉を1000人の医者たちの視線に・・・(会場のあちこちにスクリーンがあるので後席でもしっかりと見える)

f:id:tabibito12:20181025193856j:plain

お馬さんパッカパッカ踊りも・・・

f:id:tabibito12:20181025193826j:plain

会場を出ると、さっと社員たちが出てきて、シャッターを押してくれます。あっと言う間に教授とツーショット。

f:id:tabibito12:20181025192514j:plain

 

f:id:tabibito12:20181025192854j:plain

メニューです。

f:id:tabibito12:20181025193026j:plain

これは上座部仏教の仏様ですが、なにやら新興宗教みたいに見えてきてしまうのは私だけでしょうか。

f:id:tabibito12:20181025192934j:plain

f:id:tabibito12:20181025193439j:plain

手土産も全員に配られました。こちらは意外にマトモで、中身は名刺入れとボールペンでした。

f:id:tabibito12:20181025192303j:plain

これを見せられたミャンマー人の医師たち、私のテーブルでは、あまり関心なさそうでした。隣のヤンゴン医大の教授は、途中からスマホで新聞読んでました。DSMAの教授は時折、出て来る風景を説明してくれましたが、ブラックの香りをかいでしまう日本人が紛れ込んでいたのは、LIFELINE社の誤算だったのかも(笑)

日本企業のみなさん、マネはしないでほしいのですが、う~ん、これ位なら許されると解釈してしまう向きもあるかなあ。

それにしてもびっくらぽんなお月見の夜でした。

 

 

 

 

 

 

ミンアウンフライン将軍のSNS、FBに続いてロシア版SNSからも気の毒なことに・・・

かつて私も愛読し当サイトでも何度も紹介したミンアウンフライン 将軍のフェイスブック。8月にフェイスブック社からアカウント削除されてしまったのは痛恨の出来事でしたが、今度はロシア版SNSから削除⇒復活⇒攻撃により?機能停止と気の毒な事態に。

 

ミンアウンフライン将軍のフェイスブック、かつてはかなりプライベートな写真、日本の統合幕僚長(当時)から日本刀をもらってる写真だとか、朝日新聞記者(単独)とにこやかに面会する姿だとか、フジテレビを遠景に屋形船で交歓する姿だとか、東京スカイツリーで喜んでる画像だとか、鎌倉大仏に一心不乱に祈ってる写真だとか、日本のメディアには絶対載らないだろうシーンでいろいろ楽しませてくれました。

いつも凝視していた日本のウォッチャーも多く、コメント欄にちょっとメディアをからかった投稿したら、すかさずM紙から反論?が英語で入ったのは思い出です。

そんな楽しいサイトが、フェイスブック社のポリティカル・コレクトに引っかかってしまい8月にクローズされてしまったのは残念な出来事でした。

さらに今回、ロシア版のSNS(VKontakte (VK))で不思議なことに。
イラワジ紙によれば、突然、内容がまったく表示されなくなり丸一日。その後復旧したのだけれど、過去の投稿は消去され”一から出直し”状態になったそうです。

で、管理人がアクセスしてみたところ、出てきたのは以下のスクリーンショット。本人以外に、ファンサイト的なものもあるのですが「Tos攻撃を受けてしまった」「利用規約に反している」・・・もぐら叩きのように閉鎖、閉鎖・・のようです。

f:id:tabibito12:20180918093044p:plain

f:id:tabibito12:20180918001438p:plain

 もちろん、ベンガル人問題の対応で白人たちの不興をかっているのが原因なわけでありますが、軍事機密以外のことならば、あれほどあけすけに公開してくれる軍トップはまずいないわけで(統合幕僚長が大仏参りをしたり、エッフェル塔の上で喜んでる写真なんて、見たことないでしょう)どうしようもありませんが残念なことです。

白人たちの上から目線にめげないでいただきたいです(なんて、お前が言わんでもわかっとるわい!と言われそうですが)。

www.irrawaddy.com

https://www.irrawaddy.com/news/burma/military-chiefs-russian-social-media-account-removed-reappears.html

qz.com

coconuts.co